ブライダルアクセサリーの役割と選ぶ視点

レンタルと購入のメリットデメリット

ブライダルアクセサリーを目にする機会は、ウエディングドレスの試着の時でしょうか?
式場のドレスのレンタルには、ベール、ティアラ、ネックレス、イヤリング(ピアス)など小物一式がセットになっていて、お得な値段で借りることができます。
ドレスに合わせたアクセサリーを式場の方と相談しながらトータルコーデができるので、安心です。

デメリットとしては、選べるアクセサリーに自分の好みのものがなかった時ですね。
妥協してレンタルするか、他のレンタルを探すか、購入するか。
他店のレンタルを探す場合もドレスとのバランスがいいものを選びましょう。
ただし、実際に、着用してドレスに合わせられないことがデメリットになります。

購入したものであれば、一生の記念になりますし、ネックレスやイヤリング(ピアス)なら、ちょっとしたお出かけに使うこともできますね。
値段は高額になるかもしれませんが、長い目で見れば良い買い物になるでしょう。

第3の選択肢はハンドメイド!

レンタル、購入以外にもお値段を抑えて、気に入ったものを手にすることができるのがハンドメイドです。
手芸が得意な人だけでなく、初めてチャレンジする人もたくさんいます。
手作りに必要な材料がキットになって売っているので、取り掛かりやすいと思います。
ティアラ、ネックレス、イヤリング(ピアス)、ラペルピンの4点セットで、1万円代で作れます。
 
自分で作るのはちょっと敬遠してしまう人には、完成品も販売しているお店があります。
宝石店や、ブラダル専門店で買うより安く購入できます。

普段からビーズアクセサリー等を作っている友人に作成を依頼してみるのもいいと思います。
なかなかウエディング用のジュエリーを作るチャンスはないので、快く引き受けてくれるかもしれません。
友人と一緒にデザインを考えたり、材料を揃えたり、時にはお手伝いをしたりするのも思い出に残りますね。


この記事をシェアする